VISION PARTNER

本音を、いつもと違う場所で話してみませんか。
カウンセリングをもっと気軽に。 カウンセリングをもっと気軽に。

お知らせ

お知らせ

ビジネスパーソンのメンタルに寄り添うこと

働くことは生きること。

ー私自身、ビジネスパーソンとして駆け抜けた時期がありました。
働く不条理。立ちはだかる壁。困難を超える喜び。
かけがえのない仲間との出逢いー今思えば、危うい橋を渡るように、 しかし濃密に、駆け抜けました。
そんな私に訪れた転換点は、産業医としての、セカンドキャリアを模索 することでした。メンタル不調に苦しむビジネスパーソンに寄り添いたい、 その一心で、熟考を重ねた末、会社を辞しました。
自身も、医療者となってみて初めて、既存の産業医業務にも、精神科医療にも、 自ずと限界があることを知りました。新しい形の、ビジネスパーソンを 支援する仕組み作りの必要性を感じました。その方の人生軸、キャリア観 なども織り交ぜる必要性を痛感したのです。

VISIONという言葉

想像力、洞察力、未来像、展望などを意味する言葉です。この言葉の背景には、その方にとっての「より良い生き方」が存在するのだと思います。その方のVISIONは、時に霞み、時に澱み、時に見失うものかもしれません。そんな時には、深呼吸。あなたの傍で、伴走するPARTNERが必要な場面もあるでしょう。
「あなたの生き方を支える、最良の伴走者でありたい」そんな想いを込めて、VISION PARTNERを設立しました。

私たちのミッション

生きる力を引き出し、育み、また歩き出す。そんなお節介をモットーに、私たちは最良のPARTNERとして寄り添うことを目指します。
メンタル問題を抱えたビジネスパーソンを中心に、心の不調を来したその方にとって、最良の処方箋を、対話を通じてお出しします。
診断名が付いていない方でも、安心してお越しください。精神科医として、産業医として、数千人以上の方々と 向き合ってきた経験から、過去、現在を見つめ直し、未来を描くお手伝いをいたします。
薬物療法が必要な方には、責任を持って、適切なクリニックをご紹介いたします。メンタルの回復には、 対話にて効果を上げる方もいれば、薬物療法も一助となる方もいます。その診立てをいたします。
お一人でお越しいただくことに加え、職場のご上司、同僚、家族、知人など、その方に対する支援者の同席は大歓迎いたします。

VISION PARTNER 代表の想い

VISION PARTNER 代表の想いについては、
こちらのページをご参照ください。

受付から診察までの流れ

原則的には、当カウンセリングルーム代表が産業医業務を行う企業様からのご依頼を最優先とさせていただきます。
本ホームページをご覧になり、ご関心をお持ちの方は、お問い合わせよりご連絡ください。

  • 料金体系

    提携企業の方:別途特別料金
    それ以外の方:¥15,000/1h(消費税別)

  • 営業時間

    土曜日(祝日はお休み):10時~17時

    ※カウンセリングのお時間は、お一人様一時間とさせていただきますが、それ以上の時間を
    ご希望の方にも、柔軟に対応させていただきます。(別途追加料金がかかります)
    当カウンセリングルームは*医療クラーク制を導入しております。予めご了承ください。

    *医療クラーク=対話の時間をきちっと設ける為に、お客様の気持ちや状況を把握し記録致します。

スタッフの紹介

  • VISION PARTNER 代表

    尾林 誉史TAKAFUMI OBAYASHI

    東京大学理学部化学科卒業後、(株)リクルートに入社。弘前大学医学部医学科に学士編入し、都立松沢病院にて臨床初期研修終了後、医療法人厚生会道ノ尾病院にて後期研修を修了。東京大学医学部附属病院精神神経科所属。現在、精神科医として臨床業務を行いつつ、9社の企業にて産業医およびカウンセリング業務を務めている。

  • 医療クラーク

    須賀 淳子JUNKO SUGA

    派遣社員として某大手メーカー数社にて部署アシスタント、翻訳などを担当。
    現在は、VISION PARTNER代表が産業医を勤める、
    某スタートアップの労務・総務担当として勤務中。

アクセス

アクセス

ご予約はこちら

WEBでのご予約になります